ニュース

2014/12/05 伊勢国一の鳥居御用材を輸送いたしました

伊勢神宮様から七里の渡しへ譲られる、鳥居御用材の輸送を務めさせていただきました。

                 

       この御用材は、第60回式年遷宮(昭和48年)の折から20年間、
           外宮正殿の棟持柱(むなもちばしら)として使用され、
   内宮の参道口にある、宇治橋外側の鳥居としてさらに20年間使用されました。
    そして今回、七里の渡しに立つ「伊勢国一の鳥居」として建て替えられます。

        
          笠木の荷役            笠木の長さがよく判ります

        
         紅白幕の飾りつけ          関係各位の皆様と記念撮影